キャンベラ補習校Canberra Japanese Supplementary School Inc.

キャンベラ補習校

■ 入学の条件 anchor.png

お子さんの入学については、原則として以下の条件が満たされていなければなりません。

  1. 義務教育年齢で日本国籍を有すること
    キャンベラ補習授業校は日本政府の補助を受け、日本の義務教育に相当する教育(国語・数学[算数]のみ)を行っているため、義務教育年齢でなくてはなりません。 但し、日本国籍を有しないお子さんの場合にも、他の条件が満たされている場合、特別に入学が許可されることがあります。 当校または大使館窓口へご相談ください。
  2. 十分な日本語能力を有すること
    授業は全て日本語で行われます。 従って、授業内容を理解し、また教師や他の生徒と円滑な意志疎通ができるだけの日本語能力が必要です。 このため、入学に際しては事前審査が行われ、合格後3ヶ月の仮入学を経て、最終確認の後、本校入学が認められます。
  3. 保護者の積極的な運営参加
    補習校は、教師と保護者の協力によって運営が成り立っています。 特に授業面以外の運営は全て保護者が中心でです。従って、保護者には運営への積極的な参加が求められます。 年数回の総会(授業が行われている間に校舎1Fの談話室で実施)で、役割の分担や運営状況を確認しています。 運営の詳細については、学校案内運営・費用をご覧下さい。
Page Top

■ 入学金・授業料 anchor.png

学校案内運営・費用をご覧下さい。

Page Top

■ 学年について anchor.png

年齢当該学年に編入学しますが、同学年の再履修や退学を勧告されることがあります。


Counter: 1255, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2015-06-23 (火) 10:22:12
最終更新: 2015-06-28 (日) 21:45:30 (UTC+10) (816d)

補習校について