キャンベラ補習授業校同窓会(活動)戻る
■ 目次
■ 次回同窓会総会日
キャンベラ補習校同窓会のみなさま
次回同窓会総会の開催日が決まりました。
2018年8月25日(土)
この日、カレンダーに入れて空けておいてくださるようお願いいたします、なお来年8月はキャンベラ補習校創立30周年でもありますので、重ねてお祝いします。前回と同じようにキャンベラと東京で同時開催2元中継できたらと思います。
キャンベラ補習校同窓会幹事会
■ 同窓会設立礼状

 先月31日土曜日、お忙しいところ東京・キャンベラの両会場にお集まりいただき、誠にありがとうございました。スカイプを通して懐かしい方々の元気そうなお顔を拝見でき、たいへんうれしく思います。また、会場内やスカイプでの会話に興じていた出席者の楽しそうな表情に、同窓会設立の機が熟していたことを確信致しました。

 同窓会の輪を広げてさらに盛りあげていくため、お知り合いの補習校関係者にお声をかけていただきたく思います。その際には、お名前、メールアドレス、在籍時期などの情報を、寄せていただけると幸いです。また、次回の同窓会に向けた準備も兼ねて、東京では「キャンベラを懐かしむ会(仮称)」を開くことも考えておりますので、ぜひ企画にお知恵を拝借させていただくとともに、ふるってご参加いただきたく思います。

 この度頂戴した参加費の中から補習校の現役生徒と先生方に25周年記念ペンを寄贈させていただきました。これからも、母校の教育活動と発展に寄与できるよう、さらに親睦を深めて行きたいと願っておりますので、今後ともご協力、ご支援のほど、どうかよろしくお願い申し上げます。

2013年9月6日

キャンベラ補習授業校同窓会 役員一同

■ 東京案内状

拝啓

キャンベラは、まだ寒さ厳しい中にも、木々の新芽が綻び始め、微かに春の訪れを感じる頃となりましたが、日本のキャンベラ補習校関係者の皆様にはお変わりなくお過ごしのことと思います。

さて、ご存知の方も多いかと思いますが、キャンベラ補習授業校も、今年で25周年を迎えます。この四半世紀の節目を記念して、キャンベラ補習授業校同窓会を設立しようという気運が高まって来ましたので、下記の要領で東京で設立総会を開き、皆様の賛同を得ることが出来ましたら、設立総会での議決を以て、同窓会を発足させたいと考えております。(東京以外にお住まいの方々、今回は遠路はるばるになってしまいますが、ご容赦ください。)

同窓会と言っても厳密に補習校卒業生に限るのではなく、たとえ短い期間でもキャンベラ補習校に在籍した生徒、保護者、教員等全ての方々を対象にした、緩やかな同窓会にしようと思っております。

尚、キャンベラでも在豪の補習授業校関係者の皆様に、日本大使館の多目的ホールにお集まり頂き、スカイプを通じて、二元中継で、同窓会設立の議決を諮ることを画策しております。

つきましては、ご多用のところ誠に恐れ入りますが、補習校を通じて知り合えた方々との旧交を温めると共に、是非同窓会設立にお力添えをお願い致したく、間際のお知らせになって申し訳ありませんが、ご案内申し上げます。


1 日時 2013年8月31日(土曜日)午後1時〜午後5時

  (東京時間 キャンベラ会場は、午後2時〜午後5時)

2 会場 東京大学本郷構内「山上会館」

3 会費 大人2,500円、学生2,000円、子供(12歳以下)1,500円、
  家族5,000円 

(当日も受け付けますが、出来るだけ事前に銀行送金でお支払いください。)

4 式次第

 13:00 – 受付・登録

 13:30 - (スカイプを通じて二元中継)

      同窓会設立趣旨説明

      同説明に関して質疑応答

      同窓会設立議決

      同窓会会長及び役員選出

 14:00 -  来賓挨拶(次席公使 天野哲郎)キャンベラ

      来賓挨拶(補習校設立者 東京大学理事 磯田文雄)東京

      同窓会会長挨拶 キャンベラ

      今後の活動計画(事務局長)東京

 14:30 -  懇談

 15:30 -  閉会の辞(同窓会会長)

 17:00 - 散会


 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

敬具


  平成25年8月12日


キャンベラ補習授業校同窓会設立準備委員会

松本直樹

池田俊一

河野光彦

スターク由美子

林光洋

福井美穂子

福隅理可

吉田晴紀


■ キャンベラ案内状


拝啓

まだ寒さ厳しい中にも、木々の新芽が綻び始め、微かに春の訪れを感じる頃となりましたが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと思います。

さて、ご存知の方も多いかと思いますが、キャンベラ補習授業校も、今年で25周年を迎えます。この四半世紀の節目を記念して、キャンベラ補習授業校同窓会を設立しようという気運が高まって来ましたので、下記の要領で設立総会を開き、皆様の賛同を得ることが出来ましたら、設立総会での議決を以て、同窓会を発足させたいと考えております。

同窓会と言っても厳密に補習校卒業生に限るのではなく、少しでもキャンベラ補習校に在籍した生徒、保護者、教員等全ての方々を対象にした、緩やかな同窓会にしようと思っております。

尚、東京でもキャンベラ補習授業校関係者帰国組の皆様にお集まり頂き、スカイプを通じて、二元中継で、同窓会設立の議決を諮ることを画策しております。東京会場は、東京大学本郷構内「山上会館」です。

つきましては、ご多用のところ誠に恐れ入りますが、補習校を通じて知り合えた方々との旧交を温めるとともに、是非同窓会設立にお力添えをお願い致したく、ご案内申し上げます。



1 日時 2013年8月31日(土曜日)午後2時−午後5時(キャン 

  ベラ時間 東京会場は、午後1時−午後5時)

2 会場 日本大使館多目的ホール(112 Empire Circuit, Yarralumla)

3 会費 大人20ドル、学生・子供(18歳以下)15ドル、家族40ドル

(当日も受け付けますが、出来るだけ事前に銀行送金でお支払いください。)

4 式次第

 14:00 – 受付・登録

 14:30 - (スカイプを通じて二元中継)

      同窓会設立趣旨説明

      同説明に関して質疑応答

      同窓会設立議決

      同窓会会長及び役員選出

 15:00 -  来賓挨拶(次席公使 天野哲郎)キャンベラ

      来賓挨拶(補習校設立者 東京大学理事 磯田文雄)東京

      同窓会会長挨拶 キャンベラ

      今後の活動計画(事務局長)東京

 15:30 -  懇談

 16:30 -  閉会の辞(同窓会会長)

      後片付け

 17:00 - 散会



 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

敬具


  平成25年8月7日


キャンベラ補習授業校同窓会設立準備委員会

松本直樹

池田俊一

河野光彦

スターク由美子

林光洋

福井美穂子

福隅理可

吉田晴紀



■ キャンべラ補習校同窓会準備委員会第三回委員会議事録

キャンベラ補習校同窓会準備委員会

第3回委員会議事録



1.日時

2013年6月4日 17:30〜20:00


2.場所

ANU BPB教職員談話室



3.出席者(以下全て敬称略)

池田、河野、林、福隅



4.議事

(1)同窓会発足イベント(第一回総会)

2013年8月31日(土)/第二候補9月7日(土)
キャンベラ会場は両方確保済み
東京会場については至急問い合わせる予定(池田)

(2)同窓会組織の位置づけや会則の検討

  1. 会則は基本方針として緩やかな規定にする

  2. 幹事の負担がなるべく少なくなるような体制にする

  3. 入会について
    過去の児童・生徒, 保護者, 講師については自動入会とする

  4. 組織の位置づけ
    自動入会にできるよう, 補習校内部組織にできるよう検討する

  5. 具体的には, CJSS Inc. 会則7条(4)の規定に基づいて名誉代表に同窓会のとりまとめしてもらう形にして, 内部組織かできないかを考える

  6. 同窓会とりまとめの依頼目的は, 補習校校則25条にある記録簿の一部分担としての過去補習校在籍者名簿の管理

  7. 名簿は原則非公開とする. 会員に対して, 補習校メンバーアクセス権を持たせない. そのため退会規定を設けない.

  8. 会員は他の会員の連絡先などを同窓会に問い合わせられるが, 照会される会員の了承を得てその情報を与えるという形にする

  9. 基本方針に基づき会則案を修正



(了)

■ キャンベラ補習校同窓会準備委員会第二回委員会議事録

キャンベラ補習校同窓会準備委員会

第二回委員会議事録(案)



1.日時

2013年4月30日 17:30〜19:15


2.場所

ANU日本センター 教職員談話室



3.出席者(以下全て敬称略)

池田、河野、スターク、林、福隅、増永、有光



4.議事

(1)キャンベラ補習校同窓会準備委員会幹部委員の決定

ご本人の同意を得て下記の通り決定

名誉委員長:磯田文雄
委員長:松本直樹
幹事長:池田俊一
事務局長:河野光彦



(2)第一回同窓会の詳細検討

a)基本コンセプト

○補習校25周年を記念し、この日を同窓会発足の日とする。
○キャンベラ、東京で同時開催し、スカイプ等で交流しつつ、ともに祝う。
○規約、書類等を配布回収、同窓会員の登録を行い、同窓会の組織的運営を正式に開始する。



b)日時

第一候補2013年8月31日(土)/第二候補9月7日(土)
キャンベラ:午後4時〜6時/東京:3時〜5時



c)場所

キャンベラ:日本大使館多目的ホール(有光)
東京:東京大学 山上会館(池田)
要確認事項:会場確保、スカイプ等設置の可否、幹部への出席依頼



d)対象者

○補習校に在籍した元生徒及び現在校生並びにその保護者で同窓会へ参加予定の者

○補習校講師及び元講師

○その他同窓会準備委員会が参加を認めた者(大使館関係者等)



e)補習校及び大使館との調整

@ 同窓会当日に、補習校在校生の25周年記念行事を通常授業終了後ディーキンハイスクールにて執り行う。詳細については吉田校長と相談(有光)。
A上記@の在校生記念行事とその後の同窓会発足記念行事を補習校25周年記念行事として補習校の正式行事と位置づけるため、理事会(5/11)及び総会(5/25)にて承認を取り付け、記念品(紅白まんじゅう等)の出費についても総会の承認を得る(理事会提案:増永、記念品見積:有光)。
Bディーキンハイ、大使館、東京で行うすべての行事について、補習校の正式行事として大使館公使、名誉顧問の決裁を得るささn(有光)。



f)手続き関連

○趣意書草案作成(池田)
○「入江さん

に東京での幹事役を依頼(池田)

○規約作成(増永)
○名簿記載事項の検討、入会申込書の作成(河野)
○補習校退会者の同窓会入会手続きについて、退会届の書式、退会者のステータス移行、正会員から同窓会会員への移行を希望しない人の扱い等を検討し、補習校から同窓会への流れをストリームライン化する(増永)



g)キャンベラでのイベントに関する詳細

追記予定



(3)次回の準備委員会の開催予定

未定?



■ キャンベラ補習校同窓会準備委員会第一回委員会議事録

キャンベラ補習校同窓会準備委員会 第一回委員会議事録

 

2013年3月4日 17:30〜19:15

於 ANU日本センター 「ゆかりの間」

 

出席者(以下全て敬称略):有光、池田、河野、スターク、林、福隅、増永

 

1.キャンベラ補習校同窓会設立趣旨説明(河野)

  キャンベラ補習校において、同窓生を取りまとめる組織が存在しなかったことを受け、

  卒業生とその保護者、教師が卒業後も連絡を取り合い、旧交を温める場と機会を設け、

  それを維持することを設立の趣旨とする

 

2.キャンベラ補習校同窓会準備委員会発足確認

  参加者全員による同意にて発足確認

 

3.同委員会幹部委員選出 (参加者全員の同意による)

  名誉委員長:磯田文雄 (本人への事後報告:池田)

  委員長:  松本直樹 (本人への事後報告:池田)

  幹事長:  池田俊一

 

4.当面の活動予定

  @ (公式の)キャンベラ補習校設立の正確な時期の把握(その後の有光による確認:

    外務省に登録されている設立年月日は1988年8月1日

  A 3月16日の補習校総会において、以下の報告を行う(有光、増永)

  • 同窓会準備委員会発足告知
  • 有志の委員募集の呼びかけ
  • 名簿作成目的で、今後の卒業生に対して準備委員会から連絡先提供の意思の有無の確認が行われることの告知

  B磯田名誉委員長、松本委員長への準備委員会発足の報告、役職受諾の確認(池田)

  C卒業生への同窓会準備委員会発足の連絡の文面作成(池田)

  D同窓生名簿作成(河野、スターク、林を中心とし全員)

  Eキャンベラ在住で、連絡先のわかっている卒業生及びその保護者、教員経験者等への、

   補習校同窓会準備委員会発足の知らせと、有志委員として参加への呼びかけ、働きかけ

   (全員)

 

5.長期的活動・計画

  @ 同窓生名簿充実、同窓生及び保護者、教師への連絡(河野、スターク、林)

  A 活動内容の立案・規定(全員)

  B 同窓会規約草案作成(増永、有光)

  C 補習校との位置づけ・関わり方の確認、補習校関連の書類作成(増永、有光)

  D 補習校ウエブサイト上への同窓会サイト掲載の同意確認、確認後のサイト設立

    準備(河野)

  E 25周年記念イベントの準備(福隅)

  F 然るべき時点での同窓会正式発足

  G 1〜2ヶ月に一度で委員会開催

 

次回委員会:3月16日の補習校総会への報告を受けた後の適当な日時(未定)